レーザーの種類

主なレーザー脱毛の種類

レーザーは、その波長によって特定の色物質に作用する性質があります。
医療レーザー脱毛では、体毛の黒いメラニン色素に反応するようになっています。

その歴史はまだそう古くはないですが、レーザー脱毛が開発されるまでおこなわれていた針脱毛に比べれば、痛みも格段に違いますし、しっかりと脱毛効果を感じることが出来るようになりました。
効率的にできるようになったことからも、急速に普及していったのです。

医療レーザーと一言にいっても、その種類はさまざまです。
それぞれに特徴があり、適切な部位に使用することで脱毛を効果的におこないます。
医療機関によって使っている機種が異なりますので、最初にどの機種を使っているのか確認しておくといいですね。

○ダイオードレーザー

照射範囲が広く、短時間で効率的に産毛まで脱毛することができます。
気になる痛みも比較的少なく、刺激が少ないといった特徴があります。
安全にケアできるとして、定番ともなっている機種です。

○アレキサンドライトレーザー

1997年より日本国内でも使われ始めた機種。
冷却風や冷却ガスを皮膚に吹き付けることで、照射した部分を冷却しながら脱毛します。
冷却する事で施術による痛みを少しでも緩和。
しかも、照射する時にジェルを塗る必要がないので、ジェルによるアレルギーなどの心配なく、施術時間も減りその分スピーディーに。

○ロングパルスヤグレーザー

その名の通り、色素に吸収されるレーザーの中では一番波長が長く、深い部分にまで届くといった特徴があります。
男性の濃くて太いひげや、肌が色黒の人、Iライン、Vラインなどの脱毛に向いています。

○ライトシェア・デュエット

レーザー出力が弱くてもその脱毛効果が高く、痛みが少なくほとんど感じないとまで言わしめる機種。
痛みに弱い人に向いています。
吸引して皮膚を伸ばし、メラニン色素だけを選んでレーザーを当てます。
照射面積が広いので、一般的にかかる時間よりも短い時間で施術を終わらせる事ができます。

○G-MAX

肌への影響が少ないので、デリケートな人にも使える機種。
さらに、一般的には難しいといわれている色黒の人や日焼けしている人にも使用可能となっています。
決して出力が弱くて効果が感じにくいわけではなく、硬くて毛根が深いところにあるような毛もきれいに脱毛していくほどの実力の持ち主です。
短い時間でできるのも、この機種の特徴となっています。

トップへ戻る