医療レーザー脱毛が受けられるのは病院だけ

医療機関とエステサロンでの脱毛は全く違う

同じ脱毛でも、医療機関でおこなう脱毛エステサロンでおこなう脱毛では、その料金にかなりの差額があります。
安いのはエステサロンで、それよりも高額となるのが医療機関での脱毛です。

脱毛は1回やれば終わりといったものではありませんので、数回通うことを考えると、どうしても料金が安いほうを選んでしまいがち。
ですが、実はそれだけで決めてしまうと後で後悔することも…。

そもそも料金が違うのには理由があるのです。
その理由を理解した上で、決めなくてはいけないのです。

まず、医療機関でおこなう脱毛と、エステサロンでおこなう脱毛の施術方法は似ているようで、その威力や効率性はまったく異なるものとなります。
なによりも、医療機関でおこなわれている脱毛は医療レーザーを使ったものであり、エステサロンではIPL脱毛やプラズマ脱毛といった光脱毛になるのです。
同じ光でもその照射パワーは違い、医療レーザーの方が強くて効率が良いものとなっているのです。

この医療レーザーは、エステサロンでは使用禁止となっています。
医師しか使用することが認められていないのです。

照射パワーが強いので、万が一の事があった際に医師であれば適切な処置をすぐに施すことができます。
ですが、エステサロンでは医療行為が禁止されていますし、きちんとした医療知識を持っている医師はいませんので、何かあったときに対応することができないのです。

脱毛で使われている機器は、その安全性も高く評価されているものですが、個々の肌はもちろんその日の状態というのはまったく異なるものとなります。
いろいろな要因が重なって思いがけない事が起こる可能性もなくはありません。
なぜなら、100%の安全などこの世にはないからです。

医療機関では照射パワーが高いので、効率的に脱毛をおこなうことができますが、エステサロンでは照射パワーが低いものしか使えませんので、医療機関ほど効率的におこなうことができません。
当然、脱毛が完了するまでにかかる時間通院回数は、医療機関の方が少なくエステサロンのほうが長くなってしまいます。

こうした事が料金にも反映されて、医療機関の方が高額となってしまうのですが、場合によってはエステサロンよりも安くすむこともあります。
その理由は、エステサロンでは出力が弱いので施術回数がどうしも多くなってしまいがちですから、人によっては満足するまで相当な回数がかかることもあります
そうなると、かえってお金がかかってしまうこともあるのです。

では、施術中に感じる痛みの違いについてはどうでしょうか。
これについては、どうしても医療レーザーの方が痛みが強いといわざるをえません。

なぜなら、医療レーザーは照射出力が高く、脱毛効果が高いから。それだけ効いているという証拠でもあるのです。
エステサロンでは出力が弱いですから、効果も弱く、痛みが少ないという事は、効果も少ないということなのです。

それでは、痛みに弱い場合は医療レーザーはできないなんて思ってしまう人もいますが、医療機関では医療行為ができますので、痛みに弱い人には麻酔を使用して痛みを軽減することができるのです。
使用する麻酔は施術をおこなう医療機関によって異なりますが、笑気麻酔クリーム麻酔の2種類です。

笑気麻酔は亜酸化窒素ガスを吸入することで痛みを緩和。
濃度の調整が可能なので、危険性も少ない麻酔となっています。
一方、クリーム麻酔は、クリーム状の麻酔を塗って感覚を鈍くする麻酔です。
これには大体30分ほどかかるものとなります。
麻酔に関しては取り扱っているところもあれば、取り扱っていないところもありますので、最初に確認しておくといいです。

医療機関とエステサロンでおこなう脱毛は、似ているようでまったく異なるもの。
効果的におこなうなら医療レーザーが一番手っ取り早く、医師がおこなうので安心感も違います。
だからこそ、料金にも差がでてしまうのです。

トップへ戻る